<< 犯人に告ぐ | main | ダレン・シャン 1「奇怪なサーカス」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
不安な童話 (ノン・ポシェット)
推理物?、SF?
25年前に殺された女流画家、高槻倫子の遺作展で、倒れた主人公万由子はその息子高槻秒から、母の生まれ変わりだと告げられます。万由子はよみがえる記憶と共に、高槻倫子の遺言にしたがって、遺作を四人の人物に送ることに付き合わされることになって・・・
万由子はやや特殊な能力を持っていて、人の心の引き出しを見ることができるのです。そのテーマを使ってもSFとして成り立ちそうな設定ですが、あくまでさらっと自然に使われています。また、生まれ変わりというテーマももっと、突き詰めていけそうだし、犯人探しも推理物として、メインテーマにあげられそうです。
どれも、興味をひくのだけど、一番の読みどころはやはり心理劇でしょうか。高槻倫子の軌跡を追うにつれて彼女が生涯が、鮮やかに浮かんできます。
高槻倫子の視点からの小説を読んでみたいです。恩田陸なら書いてくれそうだな。
カテゴリ: | 15:44 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 15:44 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック