<< 上と外 | main | 黒と茶の幻想 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
禁じられた楽園
そんなぁ〜
負のエネルギーに満ちた天才美術家烏山響一に招待されて、和歌山の聖地熊野に大学生の平口捷(さとし)は足を踏み入れます。そこには広大な土地を使った野外ギャラリー、というよりは巨大お化け屋敷といったほうがいいでしょう。
心象心理を心霊的に表現した場面も数多く、映像化した場合、脳裏に残る恐怖シーンが出来上がると思います。どんどん追い詰められていく雰囲気と、ぞぞっと寒気がするシーンが巧みに交差し、引き込まれていきました。
なのに、なのに、あの最後は・・・恩田陸さんの作品はたまにこういうのがあるんだよね。
ちょっと残念でした
カテゴリ: | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 18:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yondemitekiit.jugem.jp/trackback/59
トラックバック