<< 黒と茶の幻想 | main | 探偵ガリレオ・予知夢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
蛇行する川のほとり
映画を見ているよう
ある夏の日、舞台背景の絵を仕上げるために毬子は憧れの先輩、香澄の家で合宿することになりました。
少女たちはこの美しい川の岸辺の家で起こった10年前の過去に引き戻されていきます。
恩田陸独特の美しい夏の情景が織り込まれて映画を見ているような錯覚を起こします。
ミステリーではありますが、少女たちの揺れる細やかな心情と移ろいでいく夏がマッチしており、彼女たちの変化のほうをゆっくりと読み解いてほしいです。4章それぞれ語り手が違い、なぞが解き明かされていきますが、彼女たちにかかわる少年たちからの語りも読んでみたかったです。
カテゴリ: | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 12:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yondemitekiit.jugem.jp/trackback/57
トラックバック