<< 図書室の海 | main | 容疑者Xの献身 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
13階段
死刑囚の心理って
話はリアルな死刑執行の描写から始まる。
記憶を失った死刑囚の冤罪を晴らすために、元刑務官と仮釈放中の少年の二人が事件にせまっていく。
あまり知ることのない日本の刑務所や死刑制度のことが細かに書かれていて、興味深く読むことができました。死刑執行の細かな描写が暗くのしかかっていて、追い詰められた死刑囚の恐怖が伝わってくるようです。実際は死刑場には13の階段は存在しないようですが、象徴的に使われていていました。かなり重く感じられる話ですが、エンタテイメント性が高い話でした。映画化されているんですよね。みてみたいようなみたくないような・・・
カテゴリ: | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 08:30 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック