<< 私たちの幸せな時間 | main | ボトルネック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
凍りのくじら
写真家である父が失踪して五年。高校生の理帆子は病気の母を毎日病院に見舞っています。
どこかさめていて、漂うように毎日を生きています。そんな中自分を野写真を取らせてほしいと先輩から言われます。そして、そのころから元彼が彼女に暗い影を与えていきます。
各章にドラえもんの道具名がつけられていて、失踪した父は藤子・F・不二雄を先生と呼び理帆子も影響を受けており、SFを少し不思議と解釈した藤子・F・不二雄をまねて、周りの人々を少し○○、とあだ名の様につけていく理帆子こそ少し現実感の薄い不安定な感じがして、理帆子の心の状態がわかります。
ホントこういう細やかな心理状態を書くのは上手だなあと思います。
「ぼくのメジャースプーン」の彼らも少し登場して繫がっていてずっと読んでいるファンは嬉しい気分になります。
カテゴリ: | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 17:13 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yondemitekiit.jugem.jp/trackback/224
トラックバック