<< ブラザー・サン シスター・ムーン | main | 私たちの幸せな時間 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
儚い羊たちの祝宴
この作家の作品を初めて読むのにどれにしようか悩んだあげく選んだのがこの短編集です。
短編で読みやすそうだったのと、「どんでん返し」を期待して手に取りました。
5編から構成されていますが、共通しているのは大学の裕福な子息たちの読書サークル「バベルの会」の存在だけですが、上流社会にただよう不穏な空気が共通して感じられます。そして、どれも必ず人が亡くなっていて、その殺人は闇に、闇に、秘められていてぞくっとさせられました。
「身内に不幸がありまして」
「北の館の罪人」
「山荘秘聞」
「玉野五十鈴の誉れ」
「儚い羊たちの晩餐」
中では「玉野五十鈴の誉れ」が私の中では、お勧めです。
カテゴリ: | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 16:54 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yondemitekiit.jugem.jp/trackback/222
トラックバック