<< 不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 | main | いのちのパレード >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
朝日のようにさわやかに
短編集です。
一つ目の物語は「麦の海に沈む果実」「黄昏の百合の骨」の水野理瀬シリーズの番外編です。ずっと読み続けている恩田陸ファンの皆さんには嬉しいと思います。
他は印象的なイメージは各々残り、長編のワンシーンを切り取った感じで贅沢な感じがします。
中でも特に印象に残ったのは「冷凍みかん」かな。昔のショートショートを読んでいる感じがして懐かしかったです。
カテゴリ: | 08:07 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 08:07 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yondemitekiit.jugem.jp/trackback/186
トラックバック