<< 球形の季節 | main | 不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
きのうの世界
会社で会社を辞める上司のための送別会の後、平凡な男市川吾郎は失踪します。身内も無く音信が途絶えたまま一年後、彼は、遠く離れた田舎町で刺殺体で発見されます。
彼はなぜ失踪したのか、そしてなぜ殺されたのか?「あなた」は彼の軌跡を追って行きます。
前回読んだ「球形の季節」と同じ手法で、各章は話に関わってくる人々それぞれの視点で話がつづられていき、謎に隠された町が浮き彫りになっていきます。殺人事件のミステリーかと思ったら、(ちゃんと殺人事件の答も解かれていますが)町の人の群集心理や、町の謎がテーマです。似たようなのを立て続けに読んじゃったので評価が低くなったけど、恩田陸ワールド満載の本です。
カテゴリ: | 18:39 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 18:39 | - | -
コメント
藍色さん。いつもありがとうございます(^^)
ドキュメンタリーってことばぴったりですね。
町の謎だったところ、映像で見たいですね。
| ゆゆ | 2009/04/16 9:30 AM |
町の謎、スケールの大きなお話でしたね。
現場写真のようなのが時折り挟まれていて、まるでドキュメンタリーみたいでした。

重力ピエロとこちらにトラックバックさせていただきました。
| 藍色 | 2009/04/16 3:24 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yondemitekiit.jugem.jp/trackback/184
トラックバック
きのうの世界 恩田陸
装幀は岩瀬聡。写真は鈴木理策。新聞連載を加筆修正。 三本の塔と水路がある町の外れ、水無月橋で発見された男の死体は市川吾郎でした。 ひ...
| 粋な提案 | 2009/04/16 3:16 AM |