<< クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い | main | 球形の季節 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
主人公ぼくが住んでいる京都でのお話です。
ボクの内面が刻々と描かれており、連続殺人鬼との交流、大学のクラスメイトとのちょっとした交流から関わることになった殺人事件。どちらも事件そのものよりも、内面の心理探究が詳細に描かれています。
一番恐ろしいのは何?だれ?どうして殺人はいけないのか?なぜ人を殺すのか?常識の原点を追求する会話が多く、ぼくの思いが伝わってきました。
カテゴリ: | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 10:47 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yondemitekiit.jugem.jp/trackback/182
トラックバック