<< アイの物語 | main | 99%の誘拐 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
陰日向に咲く
とても読みやすく、やさしい視線の本でした。5つの短編が少しずつ繫がっています。
作家ではない劇団ひとりさんが書いたと考えたらすごいなあと思います。
ただ、ちょうどこの前、短編が少しずつ繫がるという手法の「阪急電車」を読んだ所で少し物足りなさを感じてしまいました。
次の作品に期待(^^)
カテゴリ: | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 15:10 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック