スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
あれっ!?もしや病気?
我が家のうららの様子がおかしい!?
と思ったのはこの前の土曜日です。
1にご飯を食べていません!
2に下痢便ばかり・・・
そして、なにより羽毛を膨らませてじっとうずくまって目をしょぼしょぼさせていました。
一晩暖かくして過ごしたのですが、一向に良くなる様子が無いので、鳥を見てもらえる病院をインターネットで探し出して、(運良くありました)診てもらいました。
今ここで書いていると言うことは、良くなってきているからです。
昨日までは、そんな余裕はありませんでした。

病院の先生は丁寧に診てくださり、(うずらは初めてと仰っていましたが)便検査もしましたが寄生虫等は見つかりませんでした。
ただこのような小さな鳥は食べないことが一番心配で、衰弱死してしまうことがあるそうです。そこで行ったのが「そのう」に直接えさを入れるということでした。
先生の処置を見て覚えて、私が家で行うことに(^^;)
お昼は三時間おきに、プラス朝夕は薬も一緒にです。
恐かったけど、このままでは死んじゃうと思うとこちらも必死です。

夜はコタツを半掛けして暖めました。
ようやく今は回復しつつあります。


暖かい部屋でくつろいでいるうららです。
(ぐったりしているのではありません(^^;))
あと数日でのりきれそうです!!がんばれうらら!

病院はとても親切で気持ちのいい対応でした。

写真つきの診察券です。
カテゴリ:うずら | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0)
うずらと一緒に 大阪〜埼玉
毎年夏になると、車で大阪から埼玉まで帰省します。
ほぼ一週間帰ってしまうので大変です。
昔、ハムスターを飼っていたときは、たくさんの水と餌を与えておうちでお留守番させていました。なぜならハムスターはストレスに弱いとのこと。長時間に及ぶ車の移動と、一週間おうちに残していくのとどちらがリスクが少ないかを考え、お留守番を選んでいました。
でも、今回はうずらです。
掃除機が近寄ってきても平気な我が家のうずらは長時間の移動に耐えれることを信じ連れて行くことにしました。
車にいつもの水槽をそのまま載せます。
そして、何より忘れてはならないものは、虫かご!
休憩などで、ほんの少しでも車を離れる時には必ず虫かごに移し一緒に行動します。
絶対に車に残さないで下さい。ちなみにミルワームを車中に忘れたら1時間で全滅していました。
ただ、こんなことも。去年日本三大名滝のひとつ華厳滝を観光中、もちろん虫かごに入れたうららを連れて行きました。虫かごを持ったまま歩いていると、すれ違いざまに「逃がしてあげたらいいのに」といわれました。多分野鳥を捕まえて虫かごに入れたと勘違いされたのでしょう。うずらの色が色ですから(^^;)
説明できず、もやもやしましたが、まあ他人は気にせずちゃんと連れて行ってあげてください。
カテゴリ:うずら | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0)
うずらの飼い方(えさ編)
うずらの飼い方、今回はごはん編です。
urara
基本の飼料はうずらの餌ですが (鳩の餌は大きすぎて多くは残してしまいます)、それだけでは足りないようです。
毎日卵を産むので、しっかりとカルシウムを取らないといけないため、
ボレー粉(牡蠣とかの殻をくだいたもの)をあげたのですが、見事に食べてくれません。
かわりに“バードカルシウム”というのを与えています。
このバードカルシウムが大好きで大好きで、外にいても、袋を振ると走って駆けつけてきます。
あとは、家で食べてる卵の殻を一度熱湯消毒して、砕いて加えています。
野菜は、葉っぱものなら我が家の食卓に並ぶのを、生の時に取り分けています。
豆腐も大好物!
料理の時に足元によってくるので、色んな食材を与えています。ピーマンの種の部分も食べたりしてました。
前に、家の中に大きな蛾が入ってきて、叩き落したところが、たまたま、うららの巣の中だったのです。あっという間も食べちゃったのには引いてしまいました。
昆虫類もいい蛋白源だけど、私が苦手かも(^^;)
最近はミルワームも与えています.ミミズみたいで(^^;)ですが,大好物です.
うららは、卵を産むとき、反対に人に寄ってきます。この写真は脱ぎ散らかしていたズボンの中に産んだところです。
カテゴリ:うずら | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0)
うずらの飼い方(おうち編)
うずらのおうち

ouchi
うずらのうららが家にやってきて、ようやく季節が一周しようとしています。
試行錯誤で飼い始めましたが、無事に一年を迎えるので我が家の飼育方法を参考までに書きたいと思います。
ケースは30×60cmの水槽です。うずらは止まり木にとまるようなことはないので高さのある鳥かごよりも走り回れるスペースを確保したほうがいいようです。
それに、砂遊びや水のみ食事、本当にまきちらします。水槽だと飛び散らないので家の中でも飼い易いです。
砂場、エサ、水を用意すればOK(^^)v
そうそう忘れてはならないのが天井です!!
うずらは普段飛びませんが、ジャンプはします。それもすごい勢いで!
水槽についているガラス等の天井にすると、取り返しのつかないことになるので絶対やめてください。私は初めのころは厚紙、今は発泡スチロールのふたを乗せています。
でも、我が家は今は基本的には天井はありません(^^;)
うずらが出たい時に飛び出して、家の中をお散歩しています。
でも、自分からはめったに出ないし、出てもいきなれたところしか行きません。扉を開けていても行った事のない所には入らないんです。うずらの性格か、この子の性格かわからないけど。
ただ私の足元にまとわりついて餌をねだるので、踏みそうになるので気をつけています
カテゴリ:うずら | 11:49 | comments(0) | trackbacks(0)
うずらのうらら
家にはウズラのうららがいます。正真正銘のあのうずらです。

毎日まだら模様の卵をひとつ産み部屋に放してやるとエサ、エサっとジーンズを突っついては催促に来るし、あまりにも人にまとわりつくのでボーっとしていると踏んでしまいそうになるぐらい、実際、放していることを知らずに足を踏んでしまったことも(^^;)
うずらがこんなにひとなつっこいなんてしらなかったです。
そんなうずらは水遊びではなくて砂遊びになるので大きな水槽で飼っています。
写真はうららのくつろぎのポーズ!足を投げ出して横になるんですよ。
カテゴリ:うずら | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |